空調

トップ > 事業内容 > 住宅

住宅

罫線太

・ 電気設備・リフォームの設計・施工・管理

シックハウス対策

シックハウス症候群の対策のために建設基準法が改正されました。
平成15年7月1日から改正されます。

シックハウス症候群の原因となる化学物質の室内濃度を下げるため、
建設物に使用する建材や換気設備を規制する法律です。
対象は住宅、学校、オフィス、病院等、全ての建設物の居室となります。
※建設物によって例外もあります。

■ 建設基準法改正の内容

シックハウス対策のための強制力のある規制です。
[1]クロルビルホスを添加した建材の使用を禁止する。
[2]ホルムアルデヒドを発散する恐れのある建材の使用制限
[3]24時間(常時)寒気が可能な換気設備の設置義務化


■ 戸建有宅における換気扇の平均設置台数

今までは、
平均3台(台所・浴室・トイレ・洗面台など)

これからは、
平均6台(台所・浴室・トイレ・洗面台など)+(リビング・寝室・子供部屋・和室etc)

住宅以外にも学校や事務所・病院・ホテル・店舗etc
更に新築だけでなく増改築にも適用されます。

■ 室内の換気の注意点

24時間換気システムのスイッチは切らずに、常に運転するようにしましょう。

新築やリホームのあとは、室内の化学物質の発散が多いので、
しばらくの間は、換気や通気を十分に行ないましょう。

特に夏は化学物質の発散が増えるので室内が著しく高温高湿となる場合
(温度28℃、相対温度50%超が目安)には窓を締め切らないようにする。

皆様のご理解のほどよろしくお願いします。